2012年09月10日

新米「姫九谷」PR活動

9月8日(土)、JAグリーン能美でコシヒカリの独自ブランド「姫九谷」の新米PRのため、JAグリーン能美で試食会を開催しました。
来店されたお客様500名に「姫九谷」の新米おにぎりが振る舞われました。試食して気に入ったお客様は早速、店内で新米の「姫九谷」をお買い求めいただきました。
P1000164.jpg
姫九谷のおにぎりを受け取るこどもたち(8日、JAグリーン能美で)

さて、「姫九谷」という単語がたくさんでてきましたが、ここで「姫九谷」の簡単な3つの特徴を説明いたします。

@EMぼかしを使用しています
EMぼかしとは米ぬか・魚粉末・油粕・EM菌等をブレンドし堆肥化させた肥料のことで、EMぼかしを使用することにより、土壌中にEM菌を繁殖させ、効果の緩慢な有機肥料を効率よく効かせて、お米の味をより一層美味しくします。
つまり「最高の土づくり」をした土壌で育てられています。

A良食味のお米だけが姫九谷になれます
姫九谷はJA能美に集荷された後必ず、食味値をチェックし80点以上でないと姫九谷と認定されません。言い換えますと、食味値が80点未満の場合、普通のコシヒカリとなります。
食味値とはお米のおいしさを評価した数値でして、普通のコシヒカリの平均的な食味値は約70点です。

B姫九谷生産部会のたゆまぬ努力
姫九谷の生産者グループであります「姫九谷生産者部会」を中心に現地講習会の開催など、良質米を作るため、常日頃から努力を重ねております。

JAグリーン能美で好評販売中です!
姫九谷 370円/玄米kg

posted by 管理人 at 16:37| 活動

2012年09月03日

京都生協組合員が稲刈り体験

京都生協の組合員45名をお招きし、稲刈り体験などを通じて交流を深めました。
JA能美本店に到着後、西部ライスセンターにご案内し、刈り取ったお米の荷受け〜計量〜乾燥までの大まかな流れを説明いたしました。
P1000044.JPG


その後ラック倉庫へ移動し、2,000トンの玄米を保管することができることや、玄米の保存方法等の説明をし、熱心に聞き入っていらっしゃいました。
P1000033.JPG P1000035.JPG

お昼には、能美管内で収穫されたばかりの新米「ゆめみづほ」をおにぎりにして食べていただきました。お米本来の味を十分に味わっていただくため、あえて海苔を巻かず、具も入れず、塩むすびにして提供させていただきました。「こんな美味しいおにぎりは初めて!」と多くの方々から称賛のお言葉をいただきました。塩むすびの他に、能美特産の丸いもそばや、ブレンドはとむぎ茶など、能美の特産物をふんだんに使った食材を堪能していただきました。
参加者の方からは、「地元で採れた食材のみを使って、一つの定食として提供できる能美市がうらやましい!」というお声もいただきました。

P1000051.JPG

食事後、JAグリーン能美を視察していただき、その後今回のメインイベントであります稲刈り体験をするため、吉原町の北本修一さんの田んぼへ移動しました。
刈り取り日を迎えたコシヒカリを、北本さんやJA能美職員の指導のもと、丁寧に鎌で刈り取りました。

P1000057.JPG P1000059.JPG P1000080.JPG P1000083.JPG P1000092.JPG P1000100.JPG

コンバインを使っての刈り取りも見ていただきました。あっという間に稲を刈り取るコンバインの姿を目の当たりにした人たちから、「昔の人たちは大変だったのだなぁ〜」「やっぱり機械はすごい」など、それぞれの思いを胸に、じっくりと眺めていらっしゃいました。P1000106.JPG P1000103.JPG P1000119.JPG

稲刈り体験終了後、JA能美営農経済センターにおいて交流会を開きました。生産者であります川北町の朝日営農組合の方々をお招きし、意見交換を行いました。
能美管内におけるお米の需給関係や海外、特に中国の富裕層に向けた販売はしないのか?今後の農家の在り方など、様々なご意見やご感想等をいただきました。

P1000136.JPG P1000124.JPG

県外からお客様をお招きし農業体験をしていただいたのは、今回が初めてでしたが、お客様からは非常に喜んでいただき、十分な手ごたえを感じました。
JA能美では今後も引き続きこのような活動を行い、多くの消費者の方々に農業の大切さを伝えていくべく取り組んで参ります。
posted by 管理人 at 15:14| 活動

2012年05月21日

宮竹小学校の学童農園で田植え体験

JA能美青壮年部が管理しております学童農園で、宮竹小学校5年生の児童36人が田植え体験を行いました。
児童たちは横一列に並び、枠回しでついた格子の線に沿って、青壮年部の方々の指導を受け、丁寧に1株ずつ苗を植えていきました。初めて田んぼに入る児童が多く、泥の感触を楽しみながら、終始、歓喜の声をあげながら、和気あいあいと作業を進めました。
好天にも恵まれ、宮竹保育園の園児たちも見学に訪れ、田植え作業の様子を興味深く見守っていました。
今回植えた苗は新大正モチで、今秋に稲刈り、そして11月に行われる収穫祭でもちつきを行い、そこで振る舞われる予定となっております。


DSCF1999[1].JPG  DSCF2002[1].JPG  DSCF2022[1].JPG  DSCF2018[1].JPG

posted by 管理人 at 13:34| 活動